再現作品

  1. ホーム
  2. 再現作品

金沢美大入試問題 再現作品集

金沢美術工芸大学 油 画

■1次 : デッサン  5時間 × 2日間 =10時間
■2次 : 人物油画  5時間 × 2日間 =10時間
1次と2次の間に、1次合格発表の日も含め合計5日間の日程で実施されていました。
しかし、今年はコロナ禍の影響で、実際の描画検定は、デッサンのみ。1日7時間の制限時間で
描き上げると言うことになりました。

2次の「人物油彩」の検定は実施されず、「木の角材を持った自画像」(F15号)を、事前
に描き、検定時に「自己作品証明書」を添付して提出するということになりました。
極力、モチーフ・モデルを囲んで描くという密の状態を回避した、コロナ感染対策の結果だと思われます。

  • ■実技検定 : デッサン  ・ジョルジョ

  • ■提出油画・角材を持った自画像
    油画の作品は、本校教師の描いた参考作品です。


金沢美術工芸大学 工 芸

 

 

  • ■1次 : デッサン
     ・チンゲン菜
     ・ウイルキンソンのジンジャーエル
     ・オレンジ色の毛糸玉
     ・スチールショベル
     ・新聞紙の束
     ・木製荒削りの椀
     ・イチゴ1個

  • 2次 : 色彩表現
    「デコポン」と「アルミホイール」に、好きな漢字を一文字加えて、自由なイメージで色彩表現をしなさい。
    本年度工芸科の受験生はいませんでした。この2作品は、本校講師の作品です。

     


2020年度 入試問題再現作品


今年度、金沢美大各科合格者の方々から、これから金沢美大を受験される皆さんへのアドバイスやメッセージと今年度の入試問題の再現作品をいただきました。

出題の文章、モチーフ名等は受験生の記憶によるものです。出題の大意・概要は合致していますが、詳細については多少異なるところがあると思いますのでご了承ください。

合格者の氏名公表、写真、コメントを頂いた作品も、匿名希望の作品も、又 合格者の都合で完成できなかった物を、エスキースをもとに講師が仕上げた作品も含まれています。

一部、参考作品として本校講師が描いた作品も掲載してあります。


■金沢美術工芸大学 視覚デザイン

梶崎 有花

“大切なこと”

私が特に気を付けていたことは2つあります。 

1つ目は描いた作品を写真に撮り、まとめて 自分のクセを見つけることです。自分が得意なところや、直すべきところを客観的に見ることで 次にどう生かすかが、考えやすくなるからです。 

2つ目はできるだけ矛盾のないプレゼンをすることです。絵とプレゼンが矛盾せず噛み合うと説得力が増します。プレゼンの前に内容を細かく箇条書きにして、発言する順番と内容に 矛盾がないかの確認作業をするとやりやすいと思います。

受験は気持ちをどう上げていくか ということが大切です。疲れたら無理せずに休んだり,自信を無くしたら 過去の自分の作品を見たりしてモチベーションを高めましょう!

最後に 優しく、根気強く指導してくださった先生・講師の皆様。そして一緒に頑張った友人たちに心から感謝いたします。ありがとうございました。

  • ■1次:デッサン
    配布されたScotchメンディングテープに 自分の手を加え、自由に構成してデッサンしなさい。

  • ■2次:色彩構成  
    任意の物体を使って「スピード感」を表現しなさい。


PAGE TOP